御影公会堂Web

御影公会堂について

概要

  御影公会堂は1933年(昭和8年)に建設され、現在も地下にある食堂とともに市民の集いの場として、御影のランドマークとして昔のまま残っています。 設計者は神戸ゆかりの建築家清水栄二で、全国でもあまり多くは残っていない過渡期(様式建築からモダニズムへの)建築と言われています。 それ故、昔は建築史家からは相手にされず、現在も文化財としては保護されていません。それでも、モダニズムと様式建築の両方の良さを兼ね備えたこの建物 は、現代建築にはない多様な魅力を感じることができ、 今でも多くの人が写真を撮りに来られたり、見学に来られます。

   しかし、ペンキははがれ、壁自体もぽろぽろと崩れてくるなど、細かく見ていくと瀕死の状態にあると言っても過言ではありません。

設計者:清水栄二

大正7年に東京大学建設学科を卒業後、神戸の建築課長として赴任し、 当時最新であったコンクリートを用いた新しいデザインを市内の小学校に用いました。先日取り壊された魚崎小学校(昭和8年)、阪神新在家近くにあり、震災 で倒壊した高嶋邸(昭和3年)、 魚崎町町舎(昭和12年)も清水栄二の設計によるものです。当時、一度建てられたら半永久的に存在し続けるという思想があり、それを反映した建築たちは、 現在、次々と姿を失っている。

白鶴と御影公会堂

御影公会堂は当時は神戸市ではなく、御影町の公会堂として建設されました。 当時の新聞には神戸にもない立派な公会堂が御影町に建設されたことが書かれています。何故、神戸市よりも小さな御影町にこのような立派な公会堂が建てられ たかというと出資者がいたからです。 その出資者とは、灘の酒として現在も有名な白鶴酒造株式会社の7代目社長嘉納治兵衛で、20万円が寄付されました。建設費が24万414円87銭ですの で、20万円が如何に大金かがわかります。 当時、ビールやウィスキーが飲まれ始めたといっても酒の中心は日本酒であり、そういった気運の中、治兵衛は分家の白鶴を本家の菊正宗に並ぶまでに発展させ ました。治兵衛は会館の建設だけでなく、 学校や住吉の山手の白鶴美術館の設立に尽力しました。

御影公会堂完成

1933年建設費24万414円87銭、延べ床面積3234.10㎡、鉄筋コンクリート、一部鉄骨造りの地上3階、地下1階建ての武庫 郡御影町の公会堂は建設されました。当時同町の人口は20000人弱でしたが、 この公会堂は800人の大ホールをもち、和風の大広間や食堂を有す、第一級の施設でした。船をモチーフにしているといわれていて、戦後のモダニズムでも、 戦前の様式建築でもない、 あるいはそのどちらの特徴も有しています。

大空襲

1945年5月11日の空襲で爆弾が2号線と石屋川に落ち、窓ガラスが割れ落ちていました。そして同年6月5日の空襲で、御影公会堂の 内側にも火は入り、外壁と一階南側の3部屋、そして地下食堂を残して全焼しました。 御影公会堂のある当時の石屋川沿いには酒蔵が立ち並んでいましたがそれらは焼け落ち、西は西灘まで見渡せ、南は阪神電車の高架とわずかな鉄筋の建物のほか にはなにも残っていなかったのだそうです。  野坂明如さんの直木賞受賞作品『火垂るの墓』に当時の描写がされています。また同小説をアニメーション化したスタジオジブリによる作品の中にも、焼け野 原にぽつんと公会堂だけが建つその風景が、 1カット、印象的に用いられています。同作品は2008年夏、監督日向寺太郎によって実写化され、上映されています。  当時から御影の人々の心に建築として景色の中には御影公会堂があったといえるでしょう。  また、大空襲の後、1947(昭和49)年 御影幼稚園が公会堂を使って再開しました。(1951まで)

御影町、神戸市と合併、東灘区が誕生

創建当時、神戸市にもない立派な公会堂として新聞にも載った御影公会堂は、1950年の御影町と神戸市の合併にともない、 神戸市立御影公会堂へと名前を変えた。

市民総合結婚式場

1957年の開設後、「簡素にして厳粛な結婚式を」をキャッチフレーズに、 形式にこだわらない若いサラリーマンの人気を得て利用者数は飛躍的に伸び続け、1964年には最盛期を迎えました。 結婚式の予約には、公会堂の前に長蛇の列ができました。しかし、高度成長期も安定方向に差し掛かり、 生活が豊かになるにつれて結婚式会場はホテルなどに取って替わられ、1983年を最後に閉鎖されました。 この時までの利用カップル数は2万組にもなりました。 現在でも、当時ここを利用して結婚式をあげ、この周辺に住む方がいらっしゃいます。 当時会場として利用されていた地下の部屋は、現在使用されていません。

阪神淡路大震災

1995年1月17日午前5時46分、震度7の地震が神戸を襲いました。JR六甲道駅は崩れ、阪神高速は倒れ、そんな中、 御影公会堂は戦災のときと変わらぬ姿ですっくと立ち続けていました。「半永久」の思想のもと建てられたこの公会堂の構造は、 2回の大きな災難を乗り越えたのです。 避難してくる人が集まり、部屋のひとつは遺体安置所に充てられました。中継車が常駐し、 ボランティアや支援物資の集まってくるランドマークにもなりました。ピーク時の避難者は約400名、 1995年の12月26日に最後の一人が公会堂を後にしました。 翌1996年には集会施設としての利用再開されました。

docomomo

DoCoMoMo(Documentation and Conservation of Building, sites and neighborhoods of Modern Movement)とは 「近代建築に関する建物、敷地、環境の資料化と保存」のための国際組織のことです。この組織は1989年、 オランダのエイントホーヘン工科大学のヘンケット教授の発案で生まれました。 2年に1度開かれる総会の第5回(2000年、ブラジリア)で、日本での設立が承認されました。 これは、各国がこのDOCOMOMOの趣旨に沿っていると思う20作品を選出し、 それを持ち寄って世界のモダニズム建築のリストを出発させようというものです。 国や地域によって近代の建築遺産に対する考え方は異なっています。 その作業を通してモダニズム建築への理解とその保存について考えることが、大きな趣旨なのです。モダニズムの定義は、 建築業界において一つに定まっていないのです。 日本では20の選定にあたり、まず100の建築リストにしようという作業を行っています。 その中の試みとしてこの「文化遺産としてのモダニズム建築」関西展があり、そこに御影公会堂は選出されているのです。

関西展他の選出作品(ヨドコウ迎賓館、辰馬本家酒造白鹿館、朝日ビル、大阪ガスビル滴翆美術 館、そごう百貨店大阪店、 大阪中央郵便局、大阪市立大学校舎群、新朝日ビル、宮本邸、本野精吾自邸、関西電力京都支店、浦邸、京都会館、大和文華館、 東大阪市旭町庁舎、京都国際会館、シトー会西宮の聖母修道院、神戸商工貿易センター、)

inserted by FC2 system